ケーススタディ

​ダウンロード

​日本の大手企業が弊社取扱製品でビジネスに革新をもたらした方法を無料でダウンロードいただけます。

データの分析

​リソース

​海外工場統合、データ活用、KPI管理等の企業経営に必須条件をどのようにシステムを用いて管理していくか。

日本の大手企業の事例を無料でダウンロードしていただけます。

​データ活用による製造原価管理

Kirin-adaptive-casestudy.png

​導入先企業:キリンビール株式会社

​導入システム:Workday Adaptive Planning

Adaptive Planningを導入後は、原価管理帳票の定型化と自動化が出来るようになりました。これら帳票の標準化が進む事よって、工場ごとの資料のばらつきがなくなり、各工場がそれぞれ作成していた資料も1工場が作成すればすぐに横展開できるようになりました。

​グループ全体の予実管理を実現

Shinsei-bank-casestudy.png

​導入先企業:新生銀行

​導入システム:Workday Adaptive Planning

グル ープ各社の間接機能を集約した「グループ本社」というバーチャル (仮想)組織を銀行業界初の取組みとして設置。グループ企業と共同で業績数値を把握するプロセスを通し、 業績予測の精度をあげ、事業の選択と集中の推進に資するための手段として“Workday Adaptive Planning”(予実管理クラウドサー ビス)を採用しました。

​レポーティング業務の主な課題と解決法

reporting-casestudy.png

レポーティングに関する Workday の調査によれば、調査対象企業の会計および財務報告部門のうち、ステークホルダーのニーズを効果的に満たしていると考えているのはわずか 46% に留まっています。この資料では、財務レポートに関する4つの一般的な課題と、それに対処するために何ができるのかについてご紹介します。