Adaptive Planning
​導入企業の声

​日本企業が弊社の取扱製品でビジネスに

革新をもたらした事例を視聴できます。

AdobeStock_374526557-min.jpeg

​予実管理DX事例集

​M&Aや利益率強化、業績予測の精度向上など企業経営に必須の条件をどのようにシステムで管理していくか。

日本企業の事例を視聴できます。

M&Aと​KPI管理

​導入先企業 : 上場準備 企業

​インタビュー担当者 : 取締役 (公認会計士)

上場準備中の企業の事例となります。業績が年々上がるにつれ、経営管理に課題が生じ、デジタル化のニーズが高まりました。

​なぜ、デジタル化が必要になったのか、デジタル化によって普段の業務や企業の業績管理にどよのようなメリットをもたらすのか?本事例を通して、貴社の課題の整理にお役に立てれば幸いです。

事業部の見通し精度を高める方法

​導入先企業 : 非上場  社員1,000名以上

​インタビュー担当者所属 : 経営戦略室 

予実管理をデジタル化する、事業部側へのメリットとは?

エクセルによる予実管理では現場への見通し管理業務の定着がしづらい原因や、業績予測の精度を高める今後の施策について経営戦略部の担当の方がインタビューに応じて頂きました。

ERPと連携し経営分析を強化

​導入先企業 : 非上場  サービス業(京都府)

​インタビュー担当者 : 取締役

基幹システムの刷新を機にクラウドERPを導入。OracleのERP導入と同時に予実管理もDX化し、財務強化を図る事例です。

Excelで予実管理を行うデメリットや、デジタル化に伴う現場展開への課題と対応策を解説頂きます。

経営管理の課題と注力すべき仕事

​導入先企業 : 上場準備 企業

​インタビュー担当者所属 : 経営管理室部

経営管理の業務を行う担当者にとって注力すべき仕事の内容と、その重要な仕事を妨げる障壁について解説頂きます。特に、成長中の企業やIT企業では期中の組織変更が頻繁に起こるため、業績を管理する構造が複雑化する傾向があります。デジタル化を早期に実現できた理由や今後の展望について伺いました。

IT企業における管理会計の発展

​導入先企業 : 非上場  社員1,000名以上 IT企業

​インタビュー担当者 : 取締役

数字をもとに事業の意志決定を普段行うマネジメント層へのインタビュー動画です。経営層として業務やシステムに求めるものに加え、ITビジネスを普段行う観点から管理会計に必要な基盤のポイント、今後デジタル化を拡大する領域とその理由について解説いただきます。