• ono8931

オラクルのERP導入実績で2022年度部門にて表彰

更新日:8月2日

クラウドERPであるOracle NetSuiteの導入パートナーで最も販売実績を上げたパートナーとしてShearwater Japanが日本オラクル株式会社から表彰されました。


◆表彰された内容


2022年7月にクラウドERP(※)のOracle NetSuite販売パートナーの中で最も貢献したと評価され、表彰されました。


※ERP=基幹システム(Enterprise Resources Planning)



オラクル ERP

◆クラウドERPの需要が高まっている理由


<海外子会社のデジタル化が進んでいないため>


日本は人口が減少しており、統計予想では2050年に1億人以下になる可能性を指摘されております。


そのため、業績を向上させるためには海外売上を上げ、グローバル展開する必要性が多くの企業で求められています。



Oracle ERP

(日本の人口予想:総務省 2018年 情報通信白書より)



海外子会社を実際に設立した企業は基幹業務を行うにあたり、現地(例:インド、東南アジア)のメンバーが使いやすい様々なシステムを採用してしまうケースがあります。


日本本社のERPと同じ規模感のERPを現地に展開するにはオーバースペックだからです。


ただし、グループ会社の経営情報を日本本社と連携しようとすると、現地のシステムとは簡単につながらないために、必要な情報の連携に時間がかかってしまいます。


そのため、本社と海外子会社の経営情報をスピーディに連携するため、クラウド型のERPを導入し、基幹情報を連携するニーズが近年増加しています。


実際に、SaaS型のクラウドERPの市場は年間の平均成長率で約25%という統計予測のレポートもでています。



オラクル erp 事例

(NetSuite導入企業)



◆東南アジアのSheawaterグループ会社もNetSuiteのアワードを受賞


クラウドERPの市場拡大に合わせて、東南アジアへのクラウドERPの導入ニーズも高まっております。


弊社Shearwaterのグループ会社であるPointstar Consulting も2022年度の販売実績として、以下の表彰を受けております。


・ASEAN ARR Award FY22

・ASIA Solution Provider Partner of the Year FY22

・ASEAN New Logo Rockstar Award FY22



ERP クラウド


◆アジアへのグローバル展開をご検討中の方へ


クラウドERPの活用によるグローバル化の早期実現をした詳しい事例を知りたい方はこちらから資料請求を↓


https://www.shearwaterjapan.com/netsuite

閲覧数:0回0件のコメント