• Baptiste Bassot

内部統制システムの導入を検討する企業が増えた4つの背景とは?



近年、内部統制システムの導入を検討する企業が増えています。その背景には、 4つの理由 があると考えられます。その4つの理由について詳しく見ていきましょう。


目次

  1. 内部統制システムを導入する企業が増えた4つの背景

  2. 内部統制システムを導入する時に注目すべき要素

  3. 内部統制システムを導入した後の業務はどう変わるのか?

  4. 内部統制システムの導入のまとめ

内部統制システムを導入する企業が増えた4つの背景

内部統制システムを導入する企業が増えた4つの背景を挙げてみます。なぜ内部統制システムは受け入れられるようになったのでしょうか。


理由1:社内の業務を効率化すれば時間を有効的に使えるから

まずは社内の業務を効率化するため、という理由が挙げられます。当然の理論ですが、社内の業務を効率化すれば、貴重な時間や人材をもっと友好的に使うことができるようになります。


人材、そして時間の無駄遣いは、企業にとって大いなる損失です。無為な残業時間を作らないためにも、業務の効率化が重視されていることが導入の背景の一つと言えるでしょう。


理由2:社内の業務形態を可視化したいから

車内の業務形態を可視化したいと考える経営者や取締役が、内部統制システムの導入を検討するという点も理由のひとつです。不透明な部分があれば、必ずそこに問題が淀みやすくなります。そのため、クリアな視界で可視化できることは、大きな理由の一つです。


理由3:リスクの認識とガバナンスの強化ができるから

会社法が大きく変わった背景には、大会社でも内部統制が取れていなければ強大なリスクに気付くことができなかったり、法令違反を犯してしまったりするという過去の苦い教訓があります。


内部統制システムを導入すれば、経営陣がリスクを認識することができ、ガバナンスを強化して社員のすべてが企業方針を理解し、効率よく仕事をこなし、法令を遵守しやすくなりますし、それを常にチェックすることができるようになります。


理由4:社内の組織内のコミュニケーションを促進できるから

社内のガバナンス強化を行い、業務形態を可視化することで、社内にある組織内のコミュニケーション促進にも役立つと考えられたことも、導入理由のひとつです。




内部統制システムを導入する時に注目すべき要素

内部統制システムを導入する時に注目すべき要素は、どんな点なのでしょうか。導入前に知っておきたい点をピックアップしてみました。


内部統制とは何かを理解しなくてはならない

まずは経営陣や幹部社員が内部統制とは何か、どんなシステムなのかを理解する必要があります。導入することでどのようなリスクを回避し、どのような利益が得られるのかを理解しておかなければ、システムが空回りすることになりかねません。


内部統制は一時的なものではなく恒久的なものだと理解する

内部統制は一時的なものではありません。企業の組織の在り方を根本から見直すことで、企業の在り方にもメスを入れ、てこ入れをすることになります。それは一時的に終わって良いものではなく、恒久的に企業の土台となるべきものということを理解しなければなりません。


内部統制するための相談ができる業者を探す

内部統制システムを導入し、どう構築して活用していくべきかは、やはり専門的な知識を持つ業者に外部からチェックしてもらった方が確実な結果を残すことができるでしょう。そのため、信頼できる相談相手となる業者を探すことが重要です。



内部統制システムを導入した後の業務はどう変わるのか?

内部統制システムを導入した場合、業務はどう変わっていくのでしょうか。変化に不安を感じる幹部・社員のためにも知っておきたいポイントです。


業務が簡素化できて全体の作業効率が上がる

内部統制システムを導入することで、業務の簡素化が進みます。そのため全体の作業効率がアップし、無駄な業務を省くことができます。


トライしたいことがあっても些事に時間を取られてなかなか一皮むけることができなかった社員、組織、企業方針があったならば、どんどん新たな分野へと伸びてゆくチャンスをつかむきっかけになるかもしれません。


全社員のコミュニケーションが円滑になる

内部統制システムを導入すれば、内部統制がスムーズに行われるようになります。それによって、経営陣や幹部社員の意図がすべての社員に到達しやすくなるのですが、それは社員同士のコミュニケーションも円滑になるということにつながります。


これまで別の部署になればまったく関係性が構築できなかったという不透明な企業も、全社員がコミュニケーションをとれるようになるでしょう。


業務のミスの発見や修正が簡単で時間が短縮できる

内部統制システムを導入することで、業務形態が可視化されます。またコミュニケーションも円滑でクリアになるため、業務のミスの発見が容易になります。また修正も素早く行うことができるようになり、これまでミス修正にかかっていた時間を短縮することが可能になるのです。



内部統制システムの導入のまとめ

内部統制システムを導入することで、企業は業務の効率化を図り、全社員のコミュニケーションも円滑にすることができます。それによって貴重な時間と人材の無駄遣いを省き、リスクヘッジにもつながります

ShearwaterJapanはNetSuiteに関わる、業務コンサルテーションから業務分析・要件定義、システム実装、外部システム連携、保守・運用・業務サポートまでワンストップでご提供できるテクノロジー集団でございます。


お客様の疑問・質問には弊社コンサルタントが丁寧にお答えする体制を整えておりますのでお気軽にお問い合わせください。




11回の閲覧0件のコメント