• Baptiste Bassot

DX時代の新常識 クラウドERPでスピーディーな投資が可能に!


目次

  1. ビジネスにスピーディーなリスク管理が求められる時代に

  2. クラウドERPの利点

  3. まとめ

ビジネスにスピーディーなリスク管理が求められる時代に

現代ビジネスにおける最大のテーマはスピードとリスクヘッジです。めまぐるしく変化するビジネスシーン、そこに政治などの世界情勢が加わることで先行きが不透明な状況になっています。


それが大きなビジネスチャンスを生み出すこともあれば、大きなリスクへと追い込むこともあります。ですからチャンスを逃さない「スピード」に加えて「リスクを避けるための環境」の両方が求められるわけです。


スピード感をもった経営に重要なこととは

従来の日本のビジネススタイルのように何かを決定するときに会議を重ねて、毎回会社の上層部の了解を取って…といったやり方では対応できない時代に突入しているといってもよいでしょう。


ただスピードが大事といわれてもすぐに決断できればよいというわけではありません。状況の変化に惑わされてあせって下してしまった決断が誤ったものであった場合、そのスピードが大きなリスクを運んできてしまう恐れがあるからです。現代のビジネスにおいてスピードとリスクヘッジを両立するためにはどうすればよいか?その最大のポイントもいえるのが情報・分析管理です。


データで裏付けられた分析を助けるクラウドシステム

例えばビジネス上の決断を下す場合、勘を頼りにしていてはうまくいきません。必要な情報をしっかり集め、綿密な分析を起こった上で決断を導き出すアプローチが欠かせません。会議や上層部の許可を得る上でも情報や分析に裏付けられた客観的なデータがあるほどスムーズに意見が通るものです。


この情報・分析の管理をスピーディーに行うことができるか?その環境をまず構築していくことが大事なのです。効率化といってもよいでしょう。そこで役立つのが基幹システムであり、クラウドシステムといったIT環境なのです。

クラウドERPの利点

リアルタイムでの情報収集と分析、膨大な情報に基づいたプランニングやレポートの作成などにとくに役立つのがERP、とくにクラウドERPと呼ばれるシステムです。このERPはもともとオンプレミス型というタイプが主流でしたが、技術の進歩もあり現在ではクラウド型が注目を集める状況になっています。


クラウドERPメリット1:自動バージョンアップで常に最新の状態

従来のオンプレミス型の場合、アップデートやバージョンアップを自分で行わなければならないという難点を抱えていました。

その手間もさることながら、どうしても人間は慣れ親しんだシステムを使い続ける傾向があるため、ビジネスシーンの変化に適応できないような古いシステムをずっと使い続けるケースがよく見られます。


それに対してERP型の場合、自動的にアップデート・バージョンアップを行うことができるため、システムに慣れる必要があるものの、つねに最新のシステム、最新のビジネスシーンに対応できる環境で利用することができます。


クラウドERPメリット2:初期投資、維持費を格段に安く導入可能

機能も非常に優れており、インターネット経由で使用するため導入する際の初期投資が安く済みます。オンプレミス型のようにハードウェアやソフトウェアを購入する必要がないからです。中小企業などシステム環境の更新や変更にお金をかける余裕がない環境でも利用しやすいのも魅力です。


クラウドERPメリット3:サーバー不要!必要なのはインターネット環境のみ!

しかも導入しやすい点も見逃せません。こちらもやはりインターネット環境を利用したシステムゆえに導入の際にハードウェア、ソフトウェア、サーバーの設置などに時間と手間がかからず、すぐに始めることができるのです。

クラウドERPメリット4:スピーディーに導入可能

そしてスピーディーな対応ができるようになるのが最大のメリットでしょう。インターネット経由するため、基本的にはインターネットが接続できる環境ならどこからでもシステムにアクセスして利用することができます。ノートパソコン、タブレットPCはもちろん、スマートフォンにも対応しているERPが増えており、利便性は年々増している状況でもあります。

クラウドERPメリット5:リアルタイム更新で最新情報にアクセス可能

さらに情報がリアルタイムで更新されるため、つねに最新の情報・データのもとで経営戦略やプランニングを行うことができます。しかも膨大なデータを一元管理することができるため、人間が管理する場合に比べて効率がよいうえに間違いも少なく正確な情報を迅速に入手したうえでプランニングを行っていくことができるのです。


クラウドERPメリット6:全てのデータを一元に可視化

技術の進歩もあってレポートの作成やダッシュボードなどビジネスを可視化する機能の精度もアップしています。予算や収支、目標の達成度合いなどを目で見て把握しやすい環境を作ることで予定の変更や投資の実行、計画の中止などの重要な判断も迅速に行うことができるようになるでしょう。

まとめ

このようにクラウドERPは従来のオンプレミス型に比べてメリットが多く、しかも機能がどんどん向上している状況です。逆に言えば導入している企業とそうでない企業では意思決定やリスクヘッジの部分で大きな差がつくことになりかねないともいえるでしょう。


現代社会は情報が広く共有されやすい一方でその情報を誰がもっとも早く、有効に活用できるかが問われています。こうした時代においてビジネスを効率化・合理化し意思決定を迅速に行うことができる環境を整えることはビジネスチャンスを獲得するうえで非常に大きな意味を持つことになるはずです。

ShearwaterJapanはNetSuiteに関わる、業務コンサルテーションから業務分析・要件定義、システム実装、外部システム連携、保守・運用・業務サポートまでワンストップでご提供できるテクノロジー集団でございます。


お客様の疑問・質問には弊社コンサルタントが丁寧にお答えする体制を整えておりますのでお気軽にお問い合わせください。



1回の閲覧0件のコメント

Follow Us

​住所

​メール

〒101-0054 東京都千代田区神田錦町3-21

ちよだプラットフォームスクウェアA201

​電話

03-5843-8484