• Baptiste Bassot

人件費予測を誤差1%にした方法を限定公開


人件費の予測値の誤差を1%未満にした

運用方法と上場企業の事例を

公開しようと思うのですが、

興味がある方は他にいませんか?




◆コロナの影響で組織変更の頻度が上昇


緊急事態宣言に伴う営業方法の見直し、

リモートワークの導入、本社の移転、

デジタル化への対応、などなど。


いままでの拠点、今までの組織では

環境の変化に乗り切れないと考え、

組織変更を期中に何度も行う企業が

続出しております。



◆組織変更が増える、経営企画への影響


組織が期中に変わりますと、

毎月の業績見込み管理を行う経営企画は

当然、数値の集計される構造の変化に

対応しなくてはいけません。


さらに、上場企業であれば

決算説明の資料で各四半期ごとに

前年比の比較を提示する必要があるため、


組織構造が変わっている予算管理

エクセルを前年の構造と突き合わせて

いく作業がどんどん複雑化していきます。



◆どこに、だれがいる?


2019年までは、本社にいれば

人事部と連携して人事情報を

簡単に把握できていたものが、


リモートワークの影響で、

「だれが、どこにいるか」

都度コミュニケーションで

確認する手間も、

コロナ前に比べて大きく

増えているのが現状です。



◆人事管理の相談が急増


Workday Adaptive Planning

という企業の予算管理を行う

クラウドを扱っている弊社にも、


単なる予算管理のクラウド化を

希望するだけでなく、


要件として人事データの連携を

相談されるケースが去年に比べても

非常に増えております。



そこで、Workdayと共催のもと

人件費管理をテーマとした

セミナーを開催することと

なりました。



◆Webセミナーの目次


・人事管理システムで

 業績予測ができない3つの理由


・人件費予測が期初予算と

 実績の誤差が0.5%となった

 2千人の上場企業の事例


・組織変更対応、人件費案分、

 予実差異の特定のデモ


上記を予定し、

現在準備をしております。



興味がある方は

こちらから参加の

お申込みをお願いします。



お申込みURL>

https://bit.ly/3yZ1X5v




なお、弊社Shearwaterが開催した

前回のセミナーでは、


20名の定員枠に対して数日で

倍の40名の応募が集まったため、


今回のセミナーも想定の定員枠が

埋まったタイミングで早々に

締め切る可能性があります。



(次回開催も未定です)



本セミナーに興味がある方は

お早めのお申込みをオススメします。



セミナーURL>

https://bit.ly/3yZ1X5v




◆Q&A


本セミナーの開催にあたり、

想定される質問に回答します。



Q1 セミナーの参加は費用がかかりますか?


A)無料で参加が可能です。



Q2 人件費の精度を上げると

  何か良いことがありますか?


A)利益目標の精度が上がります。


人件費は企業最大のコストです。


人件費のブレが大きい企業ほど、

事業部への売上目標を毎年高めに

設定している傾向があります。


コストの予測精度が上がることで、

利益予想の精度があがることが、

人件費の精度を上げるメリットです。



Q3 どのような人がこのセミナーに

   向いていますか?


A)サービス企業の方が向いています。


製造業と比べ、組織変更の頻度が高い

傾向にあるため、IT関連企業の方などの

ご関心が高い領域かと思います。



セミナーURL>

https://bit.ly/3yZ1X5v


7回の閲覧0件のコメント