• Baptiste Bassot

予実管理にAdaptive Insightsはどれだけ優れているか?



目次

  1. 実管理の合理化はこれからのビジネスに欠かせない重要なテーマ

  2. とめ

実管理の合理化はこれからのビジネスに欠かせない重要なテーマ

何かのプロジェクトを実行する場合、あらかじめ予算を組んだ上で進めていくことになります。その予算の範囲内でどれだけ目的を達成することができるかを逐一チェックし、そのプロジェクトが費用対効果に見合ったものなのか、当初の計画通りに実行して大丈夫なのかを確認しておくことが重要です。これができないと赤字を垂れ流しながらズルズルと実行し続けたり、有効な改善策を取り入れる余地があるにもかかわらずそのタイミングを逸してしまいプロジェクト全体が失敗に終わってしまう可能性が出てしまいます。

さらには当初の予算編成の見通しが甘すぎて追加投資が必要になるケースでは、できるだけ早い段階でその見通しを立て、必要な資金を投入する価値があるのか、もしくは限られた予算内で完成できるよう当初の予定を変更するといった対策が必要になります。こうしたケースにおいても予算と目標、その達成度合いをしっかりと管理していく、いわば「ビジネスを可視化できる」環境が求められます。

こうした予算と目標の達成度合いを管理することを予実と呼んでいますが、これまでこのマネージメントは難しいとされていました。そもそも目標の達成度合いを数値化するのが難しく、しかも刻一刻と変化していくビジネスシーンの状況をできるだけリアルタイムで把握しておかないと正確な達成度合いを把握することが難しいからです。例えば市場の変化で経費がかさんでしまうような状況に陥った場合、最終的にどれだけ予算をオーバーしてしまうのかを把握するにはスピーディーや情報収集と分析の両方が求められます。もちろん膨大なデータの扱いも欠かせないでしょう。

しかしそうした難しさも基幹システムの進歩、クラウドシステムやERPの登場によって改善されつつあります。こうしたシステムを導入することで大幅な効率化が可能になるとともにこれまで把握や分析が難しかった分野においても迅速で正確なマネージメントが可能になったのです。

その代表格ともいえるのがAdaptive Insightsです。ビジネス計画ソフトウェアとして開発・発売されているこの製品では分析やモデリングはもちろん、レポートの作成などの機能を通して予算と目標達成のマネージメントを迅速に行える環境を目指していくことができるのです。

レポート作成も従来は手動で作成されるのが当たり前でしたが、このソフトウェアを使うことで自動化することが可能です。こうした自動化・効率化は従来のプランニングツールでも十分可能でしたが、ビジネスの変化に柔軟に対応するのが難しく、また複雑なビジネスのプロセスを包括的に把握したうえで作成するのが難しいという難点がありました。

しかしこのソフトウェアではモニタリングや分析などを通して従来にはない継続的ほ・包括的なプランニングを実現しています。オペレーション、マネジメント、ディスクロージャーなどさまざまな分野でレポート作成に役立てることができます。

さらに分析では可視化やセルフサービスダッシュボードを活用することで精密な傾向を見いだすことが可能です。手動によるデータ収集・編集に比べて格段にスピーディーで状況分析やマネージメント、判断などをよりスピーディーに、しかも恵まれた情報のもとで行うことができるようになります。

モデリング機能も見逃せません。予算と目的達成の度合いをできるだけリアルタイムに近い環境で把握するためには継続的なプランニングはもちろん、ローリング予測も欠かせませんし、予算のプランニングの段階から正確で柔軟性に富んだものが求められます。

ローリング予測に関してはリアルタイムで連携されているドライバーベースのシナリオを採用しており、微調整が可能な環境で利用することができます。またプランニングに関しては費用のマネージメントのほか財務諸表の作成、収益の予測といった基本的な部分はもちろん、人員や資本収益などものモデリングにも幅広く対応、業種やプロジェクトのシチュエーションを問わず対応することができます。

まとめ

予実のマネージメントに関してはこのように技術の進歩が従来とは比較にならないほど効率的・合理的な環境がもたらされている状況です。予算のプランニング、目標達成度合いの把握はもちろん、投資計画に判断の段階においても活用することでリスクを避けながら適切な選択や軌道修正を行っていく環境を得ることができるでしょう。

このAdaptive Insightsの機能の一部を見ただけでもどれだけクラウドERPを活用したビジネスの効率化が進んでいるかを窺うことができるはずです。リスクをできるだけ避けつつ時に大胆に予算を投入し、将来のビジョンを見据えたうえで新しいビジネスを生み出していく。現代ビジネスに必要とされるこうした姿勢を目指す上でも非常に心強い味方になってくれるはず。これからERP環境を検討している場合にもこうした環境を選択肢に加えてみてはいかがでしょうか。

2回の閲覧0件のコメント