データ活用による

製造原価管理

"Adaptive Planningを導入後は、原価管理帳票の定型化と自動化が出来るようになりました。"

温度を確認する

​資料ダウンロード

​データ活用による製造原価管理

Kirin-adaptive-casestudy.png

​導入先企業:キリンビール株式会社

​導入システム:Workday Adaptive Planning

Adaptive Planningを導入後は、原価管理帳票の定型化と自動化が出来るようになりました。これら帳票の標準化が進む事よって、工場ごとの資料のばらつきがなくなり、各工場がそれぞれ作成していた資料も1工場が作成すればすぐに横展開できるようになりました。