Workday Adaptive Planning

​公共団体

資金調達に対して意思決定パッケージをモデル化し、部門とプログラムの予算を作成し、スタッフを計画、税収を予測します。

Image by Katie Moum

公共団体向けに構築された予実管理システム

Workday Adaptive Planningは、公共団体・政府機関に将来の計画、予算編成、および予測を可能にします。

government.png
check.png

意思決定パッケージのモデリング-what-ifシナリオを実行して、要求されたアイテムのどの組み合わせが特定の資金調達レベルに合うかを選択します。

check.png

収入と資金調達のモデル化-税金の徴収、料金、港湾交通、助成金、サービスの提供、およびその他の収入を生み出す活動からの収入を予測します。

check.png

プログラム経費の予算編成-直接費を計画し、資金、プログラム、および場所全体に人員と諸経費を割り当てます。予算所有者がドリルダウン機能を使用してデータにアクセスできるようにします。

check.png

プログラムと資金のマッチング-資金レベルに対して決定パッケージをモデル化し、プログラムの経費予算を作成し、スタッフと人員を計画し、料金、徴収、およびサービス活動からの収入を予測します。

check.png

スタッフと人員の計画-部門全体で、人員、給与、福利厚生、税金、およびその他の従業員関連のコストを計画します。人事システムと給与システムを統合して、従業員データを取得し、複数の福利厚生の計画を作成します。

“これは単なる財務ツールではありません。それは単なる人事ツールではありません。これは、組織全体で統合されている事業計画ツールです。” 

- Canada Defense Construction