Workday Adaptive Planning

​非営利団体

資金の予測、プログラムの追跡、および人件費は収益の流れを管理し、プログラムと資金の変化に応じて計画を調整します。

男性ボランティア

Workday Adaptive Planningが

非営利団体にもたらす効果

Workday Adaptive Planningは、非営利団体に将来の計画、モデル化、予算編成、および予測を行う能力を提供します。

nonprofit.png
madd logo.png
semoma.png
autism logo.png
goodwill.png
check.png

プログラム経費の予算編成-直接費を計画し、資金、プログラム、および場所全体に人員と諸経費を割り当てます。予算所有者がドリルダウン機能を使用してデータにアクセスできるようにします。

check.png

スタッフと人員の計画-プログラム全体で、人員、給与、福利厚生、税金、およびその他の従業員関連のコストを計画します。人事システムと給与システムを統合して、従業員データを取得し、複数の福利厚生のシナリオを作成します。

check.png

メンバーシップとイベントのモデリング-予想メンバーシップ料金、イベントチケット、サービスの提供、およびその他の収益を生み出す活動を計画します。

check.png

助成金計画-制限付きおよび制限なしの寄付のための助成金レベルの資金調達および支出計画を作成します。助成金の全期間にわたって収入と支を可視化します。

check.png

プログラムと資金全体の予算と計画-間接費を正確に割り当て、人員をプログラムと資金に合わせます。

“Workdayを使用することで、年間を通じたデータ管理が可能になり、複数年の計画のために自分自身を位置付けるために、はるかに優れた意思決定を実現しました。” 

- VP Financial Planning Leukemia & Lymphoma Society