Workday Adaptive Planning

製造業 

生産コストと人件費を計算し、シフトを計画し、使用率、部品表、サプライチェーンをモデル化します。

manufacturing netsuite.jpg

ひとつのシステムで、多岐にわたる

工場レベルの業務を計画、統合

 Workday を活用すると、時間や費用がかかる ERP システムのアップグレードに費やす時間を削減して、本来のモノづくりの業務により多くの時間を費やすことができます。

manufacturing.png
manu-nikon.jpeg
manu-bostyon.png
toyota logo.png
check.png

製品の収益性-製品の収益だけでなく、直接コストと割り当てられたコストの両方を計画して、カテゴリ別にマージンを予測します。

check.png

部品表/在庫計画-詳細なコンポーネントリストを作成して、標準コストを計画し、在庫回転率を管理し、キャッシュフローを予測します。

check.png

需要予測-製品のカテゴリー、SKU、地域、およびチャネルごとに顧客の需要を予測します。ユニットのボリュームと価格を計画します。

check.png

供給プラン-プラントおよび地域全体の容量、使用率、スループット、および歩留まりを計画および追跡します。

check.png

ワークフォースプランニング-シフトのモデル、従業員の離職、残業時間の計算。および正社員と時給労働者の両方に対する従業員の報酬を管理します。

“Workday Adaptive Planning採用の決め手は予算と実績をデータベース化できる仕組みでした。直接データベースに予算や見通しを反映することで、各事業部からの集計作業の短縮化が期待できますし、データベースとして情報が一元化されることで、事業の分析がいつでも、誰でも行える状態を作りたかったため、Workday Adaptive Planningを採用しました。” 

-化粧品メーカー 経営管理部様コメント