Workday Adaptive Planning

​金融サービス

貸借対照表を計画し、利息以外の費用を予算化、FTPをモデル化、ポートフォリオの収益性を予測します。

株式

急速に変化する金融業界向けに

構築された最新のプランニング

Workday Adaptive Planningは、金融業界に将来の計画、予算編成、および予測を行う機能を提供します。

finance service.png
bank-trimont.png
bank-multibank.png
bank-belco.png
visa logo.png
check.png

貸借対照表の計画-元本、前払い、利息、預金、手数料、および新しいオリジネーション/預金モデルを含むローンポートフォリオのランオフを構築して、包括的な貸借対照表、損益計算書、およびキャッシュフローを予測できるようにします。

check.png

人材配置計画-キャパシティを最適化するために、支店およびコールセンターの人員配置モデルを構築します。関連する福利厚生、ボーナス、コミッション、および昇給を計画します。

check.png

製品と支店の収益性-製品と支店ごとに収益と直接コストを計画します。製品と支店のP&Lを作成するために、人員と間接費を割り当てます。

check.png

利息以外の経費の予算編成-給与、福利厚生、税金、設備費などの利息以外の経費項目を計画します。

check.png

運用資産(AUM)-福利厚生担当者は、運用資産(AUM)およびアドバイザリーフィーを計画できます。

check.png

信用組合員-信用組合は、メンバーの追加、保持、料金、および商品レベルの詳細(クレジットカード、自動車ローン、住宅ローンなど)を予測できます。

check.png

Funds transfer pricing(FTP)-レートを調整して、製品ラインの収益性またはさまざまな支店のパフォーマンスを決定します。

“ビジネスごとの数値の根拠やトレンドの分析を行い、予算・実績差異の早急な要因特定、複数シナリオ管理による予算策定の運用、業績予測の精度向上、経営資源となる「ヒト・モノ・カネ」の最適化、投資予算の適正化や業務の生産性向上などをWorkday Adaptive Planningを使って実現していけたらと思います。” 

-東証一部 金融業 経営企画部 マネージャー様コメント