Workday Adaptive Planning

​教育機関

授業料と出席、予算の教職員レベルをモデル化し、資金調達シナリオを予測します。

数学の宿題

 高等教育機関の明るい未来を創造

Workday Adaptive Planningは、高等教育機関に、状況の変化に応じて適応するために必要な計画、予算編成、およびモデリング機能を提供します。

education.png
arizona logo.png
wayne logo.png
brown logo.png
check.png

大学の経費予算-直接費を計画し、大学、学校、学部などのセグメント全体に給与と諸経費を割り当てます。予算所有者がドリルダウン機能を使用してデータにアクセスできるようにします。

check.png

助成金の計画-助成金の存続期間中の収入と支出の可視性を生み出すために、助成金レベルの資金と支出の計画を作成します。研究ポートフォリオ全体の全体像を明確にして、助成金や契約をより効果的に競争し、確保するために組織を位置付けます。

check.png

学生と授業料の計画-ユーザー定義の仮定と傾向に基づいて、授業料と授業料の収益に関する複数のwhat-ifシナリオを実行します。急速に変化する登録数のリアルタイムの経済的影響を評価します。

check.png

スタッフと教職員の計画-大学や学部全体で、人員、給与、福利厚生、税金、その他の従業員関連のコストを計画します。人事システムと給与システムを統合して、従業員データを取得し、複数の福利厚生のシナリオを作成します。

“WorkdayAdaptivePlanningは、財務データと非財務データを統合して、これまで不可能だった大学の統一計画を作成するのに役立ちます。” 

- Director of Finance and Accounting, University of Central Florida