BLackLine

決算早期化(Finanscial Close Management)クラウドソリューションのBlackLineで銀行の取引情報やERPの情報を自動連携

bi 予実管理.jpeg

BlackLineで決算を早期化

BlackLineとは?
BlackLine は、単一のクラウド プラットフォームでシステムとデータを統合するのに役立つだけでなく、銀行の調整やその他の手動プロセスを自動化することで、企業が簿記プロセスを最新化するのに役立つクラウド金融および会計ソフトウェアです。 新興企業であろうと高成長軌道に乗っているビジネスであろうと、財務と会計の調整プロセスを手動で管理することは、混乱と不安定さがますます日常化しているデジタル時代の災害のレシピです.

BlackLineがビジネスを支援するのは

AdobeStock_522905664.jpeg

​フロー図

面倒な工程をマニュアルで管理し、業務効率化を実現

AdobeStock_493875849-min.jpeg

                システム統合

異なるシステムとデータを統合して、信頼できる唯一の情報源を提供する

AdobeStock_209605402.jpeg

​タイマー 時間(画像)

銀行照合の自動化により、より迅速に決算

クラウド会計、財務ソフトウェアのBlackLineがもたらすメリット

check.png

貸借対照表の完全性・正確性の確保

check.png

月次決算の一元化と標準化

check.png

手動プロセスの自動化と時間の最適化

check.png

複雑性を管理し、成長のために規模を拡大する

BlackLine Solutions

BlackLineは、ビジネスの立ち上げと決算を迅速に行うために、最先端のベストプラクティスに基づき構築された専用ソリューションを提供しています。

AdobeStock_499514109-min.jpeg

Reconciliation and Financial Close Management

会計ワークフローを自動化することで、財務・経理担当者は、エンドツーエンドの決算プロセスの管理、期末会計の実行、財務報告の合理化など、ビジネスの細部にまで集中できるようになります。

BlackLineの勘定科目調整・決算管理会計ソフトの特徴
      アカウント・レコンシリエーション
      タスク管理
      トランザクションマッチング
      ジャーナルエントリー
      コンプライアンス
      差異分析
 

AdobeStock_512795100-min.jpeg

Accounts Receivable (AR) Automation

BlackLineのインテリジェントなARオートメーションは、ARプロセスを変革することで、ビジネス・エンティティとしての地位を強化します。これにより、現金回収、与信、キャッシュフローの把握のための単一プラットフォームを提供するだけでなく、ビジネスのための運転資金を解放することができます。

BlackLine AR Automation Accounting Softwareの特徴。
      キャッシュ・アプリケーション
      信用リスクと管理
      回収管理
      係争と控除
      チームとタスクの管理
      ARインテリジェンス

AdobeStock_297767093-min.jpeg

Intercompany Accounts Management

デジタル時代のビジネスは急ピッチで拡大し、多くの場合、別の事業体、あるいは別の国の子会社に枝分かれしています。親会社や複数の姉妹会社がある場合、それぞれの事業体が独自の方法で財務・会計プロセスを管理すると、帳簿管理が面倒になります。

BlackLineのインターカンパニー・アカウント・マネジメント機能は、グローバルな請求、支払い、自動リコンサイル機能により、エンドツーエンドのインターカンパニー業務の集中化、合理化、自動化を実現し、スピードと正確性を提供します。

Shearwaterを選ぶ理由


PointStar Consultingは、クラウドERPプロジェクトやワークフロー自動化のメリットを実現するソリューションの導入において14年以上の経験を持ち、数々の賞を受賞しているクラウドサービスプロバイダーです。

 

PointStar Consultingはシンガポールに本社を置き、以来、アセアンおよびアジア太平洋地域における主要なOracle NetSuiteソリューションプロバイダーおよびBlacklineパートナーとして急成長を遂げており、シンガポール、マレーシア、インドネシア、ベトナム、日本、中国、台湾、韓国に顧客を持っています。

 

フィンテックの波に乗る「Buy now, pay later」。

お問い合わせ

送信ありがとうございました